Photoshopでガイドを作成する方法

Photoshopでデザインなどを作成する上で欠かせない機能の一つが、ガイド機能です。

アートボード内の任意の位置に縦線や横線を表示させることで、正確な位置を簡単に確認できます。そこで今回は、ガイドの作成方法を紹介します。

ガイドを作成する

まず、この画像の中の青い線がガイドです。

screenshot 630

定規を表示する

ガイドを簡単に作成するには、定規機能を使います。メニューバーの表示を押して定規を選択してください。

screenshot 628

ウィンドウに定規が表示されるようになりました。

ガイドを引く

この定規上をクリックしてそのまま画像上にドラッグすると、ガイドを引くことができます。

screenshot 629

screenshot 630

ガイドを作成することができました。

数値からガイドを引く

正確にガイドを作成したい場合は、数値を入力してガイドを表示させることができます。メニューバーの表示から、新規ガイドを選択してください。

screenshot 631

新規ガイド作成ウインドウが表示されたら、水平方向垂直方法それぞれ指定した位置にガイドを正確に作成することができます。入力したらOKを押して完了です。

screenshot 632

ガイドを消去したい場合は、メニューバーの表示を押して、ガイドを消去を選択するか、デリートキーで削除します。また、ガイドを動かないようにロックしたい場合は、メニューバーの表示を押してガイドをロックを選択してください。

ロックしていない状態のガイドは、移動ツールを選択した状態でドラッグして、自由に動かすことが可能です。

ガイドを編集する

ガイドは、線の種類や色を変更することができます。メニューバーのPhotoshopを押して、環境設定からガイド・グリッド・スライスを選択してください。

screenshot 633

ガイドのカラーや、線の種類を破線に変更できます。

screenshot 634

サーモンピンクに指定してみました。画像によって見にくい色だったりする場合は変えて使ってください。

screenshot 635

まとめ

ガイドを作成する方法について紹介してきました。ガイドを引く際に、グリッドを表示しておくとガイドを引くのがとてもスムーズになります。グリッドの表示方法については、以下の記事を参考にしてください。