イラストレーターのブレンドツールの使い方

この記事では、Adobe Illustrator CCのブレンドツールを使用して、オブジェクトを並べる方法をご紹介します。

ブレンドツールでは、等間隔にオブジェクト並べたり、並べる個数を設定したり、パスに沿って並べるなどの様々なオプションを指定することができます。

ブレンドツールで等間隔にオブジェクトを並べる

ブレンドツールでは、様々なことができます。一番基本の機能として、オブジェクトを等間隔に並べることができます。

等間隔に並べたいオブジェクトを準備し、並べる箇所の始点と終点にオブジェクトをおきます。

2016-04-13_16h28_03

ブレンドツールを選択します。

2016-04-13_16h32_48

始点のオブジェクトをクリックし、次に終点のオブジェクトをクリックします。

2016-04-13_16h34_01

これで、ブレンドツールを使用してオブジェクトを等間隔に並べることができました。

2016-04-13_16h30_13

またブレンド機能はオブジェクトメニューから使用することもできます。
上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「作成」を選択します。
→ショートカットキーは「Alt+Ctrl+B」(macはoption+command+B)

2016-04-13_16h29_03

ブレンドの解除方法

上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「解除」を選択します。
→ショートカットキーは「Alt+Shift+Ctrl+B」(macはoption+shift+command+B)

2016-04-18_11h15_42

ブレンドオプションを使用して、様々な効果を加える

ブレンドツールをダブルクリックして、ブレンドオプションを開きます。
または、上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「ブレンドオプション」を選択します。

2016-04-13_16h40_39

ブレンドオプションの間隔と方向の設定を変更することで、様々な効果を適用することができます。

間隔

2016-04-13_16h40_49

スムーズカラー

開始点のオブジェクトから終了点のオブジェクトまで、徐々にカラーを変更することができます。カラーが同じオブジェクトに指定した場合は、等間隔にオブジェクトを並べます。

2016-04-18_10h08_58

ステップ数

開始点のオブジェクトから終了点のオブジェクトまで、等間隔にオブジェクトを並べることができます。オブジェクトを並べる個数を指定することができます。オブジェクトのカラーが異なる時は、終了点に向かって徐々にカラーを変化させます。

2016-04-18_10h11_38

距離

指定した間隔で、オブジェクトを並べることができます。オブジェクトのカラーが異なる時は、終了点に向かって徐々にカラーを変化させます。2016-04-18_10h22_36

方向

パスに沿って垂直にオブジェクトを並べることができます。

2016-04-18_10h43_35

ブレンド軸の置き換え

パスに対して、オブジェクトを配置することができます。
ブレンドツールで作成したオブジェクトを選択し、軸となるパスも同時に選択します。

2016-04-18_10h49_21

上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「ブレンド軸を置き換え」を選択します。

2016-04-18_10h49_34

これで、パスを軸にオブジェクトを並べることができました。

2016-04-18_10h49_49

ブレンド軸を反転

開始点のオブジェクトと終了点のオブジェクトを入れ替えます。

上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「ブレンド軸を反転」を選択します。

2016-04-18_11h05_31

2016-04-18_11h04_35

前後を反転

ブレンドを適用したオブジェクトの重なり順を変更します。

上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「前後を変転」を選択します。

2016-04-18_11h10_27

2016-04-18_11h09_45

拡張

ブレンドツールで作成したオブジェクトを個々に編集できるようにします。
一度拡張を行ってしまうと、ブレンドオプションなどで設定を変更できなくなります。

上部メニューの「オブジェクト」>「ブレンド」>「拡張」を選択します。

2016-04-18_11h12_35

これで、ブレンドしたオブジェクトを個々に選択できるようになりました。

2016-04-18_11h13_27


イベント