Gmailで届いたメールを個別に転送する方法

Gmailは便利ですが、使えるメールアドレスが@gmail.comに限定されるため、他社のメールアドレスと併用している方は多いのではないでしょうか?

今回はGmailで受信したメールを他のメールアドレス宛に個別に転送する方法を説明します。転送機能は受信したメールのコピーを仕事上の関係者に送るときなどにも役立ちますので、仕事でGmailを利用している方も参考にしてみてください。

届いたメールを個別に転送する方法

Gmailの受信トレイで転送したいメールを開いてから、「転送」をクリックします。

image004-2

テキストボックス内にある「クリックして返信または転送」の「転送」部分をクリックしても同様です。メール作成欄が開いて、本文や添付ファイルがコピーされています。

image004-3

あとは通常通り「宛先」に転送先メールアドレスを指定して「送信」をクリックしてください。送信した内容は「送信済みメール」でいつでも確認できます。

まとめ

今回はGmailで届いたメールを個別に転送する方法を紹介しました。メールの転送機能は、自分のメールアドレスに転送するほか、受信したメールを関係者に配布することにも利用できます。

転送内容は自由に編集できますので、メールを転送するまでの経緯や転送したことを伝えるメッセージを一言添えると相手側に把握してもらいやすくなります。

少しの工夫でコミュニケーションは円滑になりますので、上手に活用してメールを使いこなしてください。