Gmailのスレッド機能を有効/無効にする方法

Gmailの特徴の一つに、同じ話題のメールをひと続きにして読めるスレッド表示があります。スレッド表示は返信の流れを追いやすい一方、いくつもの話題が同時進行すると、受信した通りの並び順にならないことがあります。

Gmailでは設定を変えることでスレッド表示と通常表示の両方を利用できますので、今回はその切り替え方法を説明します。

Gmailのスレッド機能を有効/無効にする方法

設定でスレッド機能を切り替えます。設定アイコンから「設定」をクリックします。

image007-1

「全般」タブが開かれていることを確認してください。「スレッド表示」のラジオボタンで設定を変更します。

image007-22

画面下の「変更を保存」をクリックして設定完了です。スレッド表示の場合、受信トレイで件名の右にメール数が表示されますので、設定を確認するときの目安にしてくだだい。

まとめ

スレッド表示は同じ件名のメールを1行にまとめる機能ですが、そのぶん「いつ誰から何回メールが来たか」ということが分かりにくくなります。

一方、同じ件名のメールをいくつも並べたくない人にとって、スレッド表示はすっきりとした画面になりますし、まとめて削除することも簡単になります。

Gmailは高機能である反面、それを使わずにシンプルなメールアプリとして利用することもできます。この、人を選ばない設計が、利用者の間口を広げているのでしょう。

スレッド表示は過去のメールを振り返りながら返信をするのに大変便利な機能です。上手に使えば、話題を取り違えるような事態を防ぐことができます。