Gmailで不在通知メールの自動返信設定をする方法

大型連休と有給休暇を組み合わせるときなど、取引先からのメールにすぐ返信ができないときに、Gmailでは自動返信メールを使うことができます。

今回はその設定方法を説明します。

Gmailで不在通知メールの自動返信設定をする方法

Gmailの設定画面を開きます。「全般」タブが開かれていることを確認して、「不在通知」という項目を見つけてください。

image08-1

ラジオボタンで「不在通知 ON」を選択して、自動返信メールの内容を記入します。「開始日」「終了日」を設定すれば、その期間だけ自動返信が行われるようになります。

image08-2

「変更を保存」をクリックして設定完了です。

image08-3

画面上部に自動返信中であることが表示されます。すぐに終了するためのリンクもありますので、解除するときはここをクリックすると便利です。

image08-4

不在期間中は自分宛てにメールを送って動作を確認することができます。「開始日」を今日に設定して動作を確認してみてください。

まとめ

今回紹介した不在通知は、特に仕事でGmailを使う方にとって便利なのものではないでしょうか。

不在なのに相手を待たせることの無いよう、事前の連絡と合わせて活用していただければと思います。不在中の連絡先が別途あれば、そのことを自動返信メールに記載するのもいいでしょう。

自動返信が行われたことは通知されませんので、期間設定を間違えて、気付かない間に自動返信されていたということがないように、気を付けて利用してください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)