Firefoxのブックマークを複数のPCやブラウザで同期する「Xmarks」の活用方法

個人でパソコンを2台持ちしている方も、会社と自宅で別のパソコンを使用している方も「ブックマークやパスワードを同期出来たらいいのに…。」と考えたことはありませんか?

今回はそんな時に使えるFirefoxの便利なアドオン、「Xmarks」を紹介します。

Xmarks Syncを導入する

a1

まずは、アドオンを(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/xmarks-sync/)ここから入手します。

a2

初めてXmarksを利用する方は右下の「アカウントを作成」をクリックし作成しましょう。

a3

この様なセットアップウィザードが表示されますので、必要な情報を入力し「次へ」をクリックして先に進みます。

a4

最後までセットアップが進むと、Xmarksへ同期が始まります。

Xmarksの同期

Xmarksはアカウントで管理していますので、今お使いのパソコン以外、そしてブラウザがFirefox以外でもまったく同じブックマークを使用することが出来ます。

そして一度設定をすると、基本的には自動で同期をしてくれます。手動で同期をすることも可能です。

ショートカットキーから同期する

Windows:Ctrl+Shift+s

Mac:Command+Shift+s

これでいつでも同期をすることが出来ます。

設定から同期する

a5

アドオンの設定画面からも同期をすることが出来ます。

以前のバックアップデータを復元する

Xmarksでは、予期せぬ事態に備え以前のバックアップデータを復元することが可能です。

a6

設定画面より「復元」タブをクリックし戻したいブックマークを選択することでブックマークを復元することが出来ます。

他のブラウザで同期をしたい場合

a7

例えば、上記はGoogleChromeの場合なのですがXmarksの公式サイト(http://www.xmarks.com/)へログインし、インストールすることで表示されます。

先程Firefoxで作成したアカウントと同じアカウントを利用することで同期を完了させることが出来ます。

まとめ

ブックマークは便利な機能ですが、使うブラウザが多ければ多いほどいちいち移し替えるのが面倒ですよね。Xmarksを使って、簡単にブックマークを同期してしまいましょう。


イベント