Photoshopで選択範囲やレイヤーをコピーする方法

Photoshopで作業する上で欠かせない機能の1つがコピーです。オブジェクトや選択範囲、レイヤーなどをコピーして使うことで、豊かな表現や様々なデザインが可能になります。また、色や形など、複数のパターンを作る際にもコピー機能が重宝します。そこで今回は、コピーの仕方を紹介します。

選択範囲をコピーする方法

Photoshopで編集したい画像を開きます。

screenshot 733

選択範囲を作成します。選択範囲の作成の仕方については、以下の記事を参考にしてください。

選択ツールは様々ありますが、どの選択ツールを使って作成した選択範囲でも、コピーの仕方は同じです。

screenshot 734

ツールバーの編集を押して、「コピー」を選びます。これでコピーされました。

screenshot 735

適当なところにペーストしてみたのが下の画像です。コピーは頻繁に使うツールなので、ショートカットキーを覚えておくことをお勧めします。選択範囲を選択したら、Command+Cでコピーが行われます。Windowsを使用している場合、ショートカットキーはCtrl+Cです。

screenshot 736

レイヤーをコピーする方法

「レイヤーを複製」というメニューを使ってコピーします。コピーしたいレイヤーの上で右クリックしてください。

screenshot 737

メニューから「レイヤーを複製」を選びます。

screenshot 738

レイヤーの名前や保存先を指定できます。また、レイヤーの名前は後でも変更可能です。設定が終わったらOKを押してください。

screenshot 739

レイヤーのコピーができました。レイヤーのコピーも頻繁に使うので、ショートカットキーを覚えておくと良いでしょう。Command+Jでレイヤーがコピーされます。Windowsを使用している場合、ショートカットキーはCtrl+Jです。

また、保存先ではPhotoshopで開いている別のドキュメントに指定することができます。別で開いているドキュメントにレイヤーをコピーしたい場合などに便利です。

screenshot 741


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square