Facebookで知らないうちにタグ付けされないようにする方法

Facebookには「タグ付け」といって、投稿に「〇〇さんと一緒にいた」「△△さんと一緒に写真に写っている」といった情報を付加する機能があります。

予め本人に確認をとった上でのタグ付けならばそれほど問題は無いのかもしれませんが、あなたの意図していないところで、友人によりあなたのプライベートな情報が公開されることがあります。そうならないためにも、Facebookで知らないうちにタグ付けされないようにする方法をご紹介します。

タグ付けとは

タグ

タグ機能は、投稿や写真に自分以外の他のユーザーの情報を付加することができる機能です。上の画像のように、「一緒にいる人」という欄に、タグ付けをされたユーザーの名前がリンク付きで表示されるので、元の投稿を見た人は、タグ付けされた人のFacebookページも見ることができます。

簡単にまとめると、「〇〇さんと一緒にいたよ」という情報が投稿や写真に付けられるということです。このタグ付けは、自分がFacebook上で繋がっている友達の情報のみ可能です。

タグ付けされたことを知れるようにする方法

1. 「設定」メニューを開く

図1

画像はFacebookにログインした際の画面です。ページ右上の「▼」ボタンをクリックすると表示されるメニューから、「設定」をクリックし、「設定」メニューを開きます。

2. 「タイムラインとタグ付け」ボタンをクリック

図ア

画像は「設定」のメニュー画面です。ページ左側のサイドバー内上段にある、「タイムラインとタグ付け」ボタンをクリックし、タグ付けに関する設定画面を開きます。

3. 「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」の設定を変更する

図イ

「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」カテゴリ内の「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」をクリックします。

図ウ

説明文の下部にあるボタンをクリックし、「オフ」を「オン」に変更します。これで、自分がどこかでタグ付けされたことがわかり、自分のタイムラインに表示させなくすることが可能です。

まとめと注意事項

設定を変更することができたでしょうか。ただ、これだけでは自分の情報をタグ付けさせない(タグ付けを拒否する)ようにすることはできません。タグ付けは、タグを付ける側のユーザーの公開設定に依存した機能なため、付けられる側が拒否をすることはできなくなっています。

すでにタグが付けられてしまっている投稿についてはタグを削除する、もしくは投稿自体を削除してもらうよう依頼するしかありません。あなたが誰かをタグ付けする際にも、事前に確認を取るなど、最低限のマナーを守るように心がけましょう。


イベント