Photoshopで3Dの画像を作る方法

PhotoshopではCS6から3Dの制作が可能になりました。今回はそのPhotoshopの3D機能を利用して3D画像を作る方法をご紹介します。

Photoshopで3Dの画像を作る方法

Photoshopを開いたら、好きな大きさで新規ファイルを作成し、テキストツールを使ってテキストを入力します。

screenshot 763

メニューバーの3Dを押して、「選択したレイターから新規3D押し出しを作成」を選択してください。

screenshot 765

このような表示が出ることがありますが、はいを押してください。

screenshot 764

ワークスペースが3Dのワークスペースになって、押し出しが作成されました。これだけでもうテキストが3Dになっているのがわかるかと思います。

screenshot 766

テキストにカーソルを合わせると、ポインタが回転してる矢印のようになります。そのままドラッグするとカメラの位置を好きに回転することができます。

screenshot 769

カメラは右側の属性パネルでも指定できます。ビューの項目をデフォルトにすると元の位置に戻せます。

screenshot 770

あとは、web用に保存などで書き出すだけで、画像のように3D画像を作成できます。

76_8

また、右下のパネルで、簡単に3Dを編集することができます。

screenshot 771

例えば、無限遠ライトを選択します。球体が表示されます。これをドラッグすることで、光の当たり方を指定できます。

screenshot 772

棒を向こう側に持っていくと、向こうから光が当たっていることになるので、手前が影になります。

screenshot 773

画像のようになりました。

screenshot 774

簡単な操作で3D画像を作ることができる素晴らしいツールですので、ぜひ利用してみてください。

screenshot 775


購読

平日・毎朝更新中