Photoshopクイックマスクモードの基本的な操作方法

Photoshopにはクイックマスクモードと言われる、素早く、編集したくない部分を保護するマスクを適用する機能があります。クイックマスクモードを利用することで、画像の一部を保護して作業をしやすくすることができます。

今回はPhotoshopのクイックマスクモードの基本的な操作方法をご紹介します。

Photoshopクイックマスクモードの基本的な操作方法

Photoshopを起動したら、編集したい画像を開きます。

screenshot 806

好きな選択ツールを使って選択範囲を作成します。今回はなげなわツールで写真の中の皿と野菜の周りで選択範囲を作成してみました。

screenshot 807

ツールパネルの描画色・背景色の下あたりにある四角の中に点線の丸がある、クイックマスクモードで編集アイコンを選択します。

screenshot 808

選択していない部分が赤い半透明の赤のカラーオーバレイになりました。この部分が保護されている部分で、赤くなっていない部分が保護されていない部分になります。

screenshot 809

マスクを編集するには、ツールバーからブラシツールを選択します。描画色と背景色が自動的に白と黒に切り替わります。

screenshot 810

選択範囲を減らしたい場合は、描画色が黒の状態でブラシで塗っていきます。左上の選択範囲を塗って減らしてみました。

screenshot 811

逆に、選択範囲を増やしたい場合は、描画色が白の状態でペイントしていきます。描画色と背景色の入れ替えを行います。左上の選択範囲を増やしたので、赤い保護されている部分が消えました。

screenshot 812

マスクの調整が終わったらもう一度ツールバーからクイックマスクのアイコンを選択して画像に戻ります。

screenshot 813

画像に変更を加えると、保護していない部分だけに変更が適用されます。クイックマスクモードの基本的な使い方は以上です。

screenshot 814


イベント