パワーポイントで図形の合成をする方法

パワーポイントを使って解説をするとき、図形を使いながら解説をすることは多いでしょう。

そんなときに、図形1つだけではなく複数の図形を合成して解説することができると解説の幅がもっと広がりますし、聞き手もわかりやすくなります。

そんなパワーポイントでの図形合成の方法を見ていきましょう。

実はカンタン、図形の合成

Office2013の場合で説明します。

まず、スライド上に合成したい図形2つを作成します。すると新しく「書式」タブが表示されるのでそこを選択しましょう。

合成する2つの図形を選択し、画面左上にある「図形の結合」をクリックします。

そこで合成のパターンを選択すると合成完了です。 

17

色々使える合成パターン

図形の結合は図形をくっつけるだけの作業かと思いきや、実は他にも色々なことができます。

例えば重なっている部分だけ切り出して複雑な形を作ることもできます。

丸と矢印を組み合わせて、

11

切り取ることで丸みを作れます。

 12

他にも工夫次第で様々な形の図形が作れますので試してみてください。


複数の合成で模様を作る

作成した図形はコピー&ペーストが可能です。図形の組み合わせによっては綺麗な模様を作ることもできます。

気に入ったスライドのテンプレートがないというときは合成の機能を利用して、図形をいくつもコピー&ペーストして自分で背景を作ってしまうということもアリです。

図形の合成はただ図形の組み合わせを変えるだけではなく、様々なシーンに応用が可能です。

既存の図形でイメージ通りのものがない場合は、自分で作成してみるのも手です。