パワーポイントで効果的なアニメーションの使い方

パワーポイントではテキストや図形・画像を動かす簡単なアニメーションを作成することができます。ですが、無意味にアニメーションを使っても意味がありません。

場面に応じてパターンを使い分けたり、使うところは使う、使わないところは使わないなどの差し引きをすることによってより聞き手の注目を集めることができます。

まずはアニメーションの挿入方法から見ていきましょう。

テキストを動かす

まずは動かしたいテキストを打ち込みます。

そのテキストをテキストボックスで選択し、「アニメーション」タブを開きます。

「アニメーションウインドウ」をクリックしてください。

 18

ここで、テキストがどのように動くかを決定することができます。

設定はたったこれだけです。続いて、アニメーションを応用していきましょう。

図形とテキストを一緒に動かす

テキストだけではなく、図形も一緒に動かすことでより記憶に残りやすいスライドを作成することができます。

ですが、アニメーションにするときには、1つの図形やテキストしか同時に設定することができません。

こんなときに使えるのが「グループ化」の機能です。


まず、テキストを一度切り取り、貼り付けオプションで図形として貼り付けます。

一緒に動かしたい図形やテキストをまとめて選択し、「書式」タブの「配置」の中からグループ化を選択します。

2016-04-14

こうすることでグループ化したものは一緒に動かすことが可能になります。

これでアニメーションもできるというわけですね。

このグループ化を解除したいときも、グループ化したものを選択して、グループ化したときと同じところをクリックすると「グループを解除」が出ますのでそこをクリックして元に戻ります。

アニメーションの設定はとても簡単ですし、様々な調整も可能ですので、納得いくまでアニメーションを作り上げて素敵なスライドを作ってみてください!


イベント