Photoshopで画像にキラキラした加工をする方法

Photoshopでは、初期から入っているブラシだけでなく、好みのブラシを追加して使うことができます。インターネット上に、無料で使えるブラシファイルを配布している場所も多くあるため、特殊なブラシを使って様々な効果を加えることも可能です。

そこで今回は、キラキラしたブラシを使って、画像にキラキラした加工をする方法を紹介します。

ブラシファイルをダウンロードする

まず、キラキラしたブラシをダウンロードしましょう。今回は、Moon, Stars, Sky Dust and Moreのブラシを使用します。ダウンロードしたら解凍して、ブラシファイルがあるか確認してください。

screenshot 880

ブラシファイルを読み込む

ブラシパネルの右下の、プリセットマネージャーを開くアイコンを押してください。

screenshot 881

プリセットマネージャーが表示されたら、読み込みボタンを押します。先ほど解凍しておいたブラシファイルを選択して読み込んでください。

screenshot 882

画像にキラキラした加工をする

編集したい画像を開きます。

screenshot 884

新規レイヤーを作成して、先ほど追加したブラシの中にある、下図のようなブラシを選択してください。

screenshot 885

描画色を白にして、キラキラを追加したい部分にペイントしていきます。

screenshot 886

レイヤースタイルを変更する

キラキラをペイントしたレイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルパネルを開いてください。

screenshot 887

光彩のスタイルを有効にします。今回は青っぽい光彩を加えたいので、色を選択して描画モードを覆い焼きカラーにしました。ここの設定は、元の画像の色味に近いものを選ぶと、キラキラがなじみます。

screenshot 891

キラキラが発光しているような感じになりました。

screenshot 888

テクニックのエレメントを精細にするのもオススメです。

screenshot 892

まとめ

Photoshopでキラキラした効果を画像に加える方法について紹介しました。効果がいまいちな場合は、画像の大きさによって、ブラシのサイズを調整するとキラキラした効果がきれいに見えます。