Photoshopでイラストにグロー効果を適用する方法

グロー効果とは、最近のアニメのエフェクトなどでもお馴染みになっている効果です。光を放っているような感じを出すものです。アニメ塗りと呼ばれるようなイラストでも仕上げによく使われています。使いどころは様々だと思いますが、今回は一般的な可愛いイラストにグロー効果を追加する方法をご紹介します。

Photoshopでイラストにグロー効果を適用する方法

今回は、こちらのイラストにグロー効果を追加してみたいと思います。

screenshot 893

背景レイヤーをダブルクリックして、通常のレイヤーにします。

screenshot 894

右クリックでレイヤーを複製を選択してレイヤーをコピーしておいてください。

screenshot 895

コピーしたレイヤーを編集していきます。メニューバーのイメージを押して、色調補正からレベル補正を選択してください。

screenshot 896

シャドウと中間調の値を上げます。イラストによって細かい値は調整してください。

screenshot 897

イラストは今こんな感じです。

screenshot 901

続けて、同じレイヤーを少しぼかします。メニューバーのフィルターからぼかしの中にある、ぼかし(ガウス)を選択してください。

screenshot 898

今回は、8.5にしました。イラストの仕上がりがふんわりとします。イラストに合わせて調整してください。

screenshot 899

イラストはこんな感じですね。

screenshot 900

あとは、編集したイラストがあるレイヤーの描画モードをスクリーンに変更するだけです。こんな感じにふんわりと光っている感じの効果を追加できました。

screenshot 903

少し効果がかかりすぎな感じがしたので、レイヤーの不透明度を少し下げてみました。上が加工後で下が加工前です。

screenshot 904

screenshot 893

使い方によってイラストの仕上がりを大きく調整することができます。ぜひ使ってみてください。