Photoshopでコラージュをする方法

コラージュとは元々、糊付けという意味の単語で、様々な素材のものを貼り付けてデザインを制作する技法を指しています。コラージュの種類や方法は様々ですが、今回はPhotoshopを使って簡単にできる写真を並べたようなコラージュのデザインの仕方を紹介していきます。

Photoshopでコラージュをする方法

まずは、コラージュしたい画像を用意します。今回は画像の5枚の猫の写真を使ってコラージュを作成してみます。

screenshot 928

好きなサイズで新しいファイルを作り、先ほど用意した画像を全て開いてください。

用意した画像のどれか一つを開いて、メニューバーから選択範囲を押して全てを選択を選択します。

screenshot 930

その状態で続けて、メニューバーの編集からコピーを選択してください。

screenshot 931

新規ファイルに戻ります。メニューバーの編集からペーストを選択します。

screenshot 932

下のような状態です。大きいので、Command+Tを押してください。

screenshot 933

自由変形モードになるので、Shiftを押しながらサイズを小さくします。動かしたり回転するときも同じようにします。

screenshot 934

レイヤーパネルです。猫のレイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルを編集します。

screenshot 935

境界線を選択します。今回は画像のように設定しました。

screenshot 937

さらに、ドロップシャドウを適用します。背景が白いので、今回は描画モードを通常にしてあります。色や模様があったり画像が背景の場合は乗算にしてください。

screenshot 938

猫のレイヤーがこんな感じになりました。

screenshot 939

同じようにして、別の画像も貼り付けます。

screenshot 940

さっきレイヤースタイルを編集したレイヤーの上で右クリックをして、レイヤースタイルをコピーを選択します。

screenshot 941

新しく貼り付けた画像のレイヤーの上で右クリックして、レイヤースタイルをペーストを選択します。

screenshot 942

2枚目の画像にもさっきと同じレイヤースタイルが適用されました。大きさは先ほどと同じように変更します。この手順を繰り返して、好きな位置に画像を配置します。

screenshot 943

こんな感じになりました。コラージュの基本的なやり方は以上です。いろいろな機能と組み合わせて素敵なコラージュを作ってみてください。

screenshot 944


イベント