Twitterで画像を保存すると相手に通知されるのか?

Twitterは様々なアップデートがされ、日々いろいろな機能が追加されています。Twitterのアプリを利用している人は見たことがあると思いますが、Twitterには通知という機能があり、自分の周りで起こったアクションが通知されます。

主なものとしては、自分宛のリプライ・自分が投稿したツイートがお気に入りされたりリツイートされた時に通知があります。ただ、先ほども書いたように日々機能が変化しているので、通知の内容も様々です。フォローしているユーザーのツイートを何人がリツイートしました。なんて通知が来たりします。

そこできになるのがTwitterで画像を保存すると相手に通知されるのか?ですね。もし本当だとしたらとても怖い機能ですね。こんな噂を耳にしたら不安な人も多いと思うので調べてみました!

Twitterで画像を保存すると相手に通知されるのか?

お気に入りだって相手に通知が行くしもしかしたら、なんて思いましたが結果から言うと、現段階では通知はされませんでした。

複数のアカウントを使って確認してみましたが、どのアカウントで画像を保存しても、通知が来たアカウントはありません。ツイッター上の機能を使って画像を保存したりダウンロードしたりするわけではないので、ツイッターのアプリケーション上では保存の情報は管理されてないと思います。

ただ、最近追加された機能のツイートアクティビティというものを見てみると、ユーザーがそのツイートを見た回数や、反応した回数、そこからプロフィールをクリックした回数が表示されるため、その3種類の情報はツイッター側にはバレているということですね。