Twitterを非公開にする方法

自分で作成して管理しているツイッターアカウントは、表示/非表示を選択することができます。ただ、ツイッターの非表示は完全に誰にも見れなくなるというわけではありません。

いわゆる鍵付きアカウントという状態になり、そのアカウントのフォロワーにしかツイートが閲覧できなくなり、鍵をつけた後そのアカウントをフォローするにはアカウント管理者の承認が必要になるものです。つまり、それまでのフォロワーにはツイッターを非公開設定にしても変わらずツイートが表示されるということです。

一部の人だけに閲覧を許可する、「全体に非表示」という状態ですね。今回はその方法をご紹介します。

Twitterを非公開にする方法

早速、ツイッターアカウントを非表示に切り替えてみましょう。

5

ツイッターのアプリケーションを起動します。アイコンの右側、赤枠の歯車の部分をタップします。

3

メニューが出るので、一番上の設定を選択します。

2

アカウントを複数登録してる場合、複数のアカウントが表示されるので、設定を変更したいアカウントを選択します。

4

アカウントの様々な設定項目が表示されます。下の方にスワイプしていくと「ツイートを非公開にする」の項目があります。ここをタップして表示非表示を切り替えます。

緑になっていると、非表示設定がオンなのでアカウントが非表示になります。

6

アカウントが非表示の状態の場合は名前の横に赤枠のような鍵マークが出ます。

以上が、アカウントの非表示設定のやり方でした。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中