Twitterでハッシュタグをつけて投稿する方法

ツイッターにはハッシュタグという機能があります。簡単に言うと、ツーザーが投稿したツイートを、同じハッシュタグが付いている物事にカテゴリ分けできる機能です。赤枠の部分ですね、「#」で始まるものがハッシュタグです。

9

このハッシュタグは、誰でも利用することができます。また、以前は英数字だけでしたが、日本語でもハッシュタグとして利用できるようになりました。ハッシュタグをつけたツイートの投稿の仕方をご紹介します。

Twitterでハッシュタグをつけて投稿する方法

ハッシュタグの使い方は簡単で、普段のツイートに#を入れて単語を入力するだけです。

screenshot 1,036

試しに、テストです。という文章の後に「#UXMILK」と「ゆーえっくすみるく」と入力してみます。タグとして認識されている部分は、色が黒から紺いろになっていますね。これであとはツイートを押すだけです。

screenshot 1,037

ツイートはこのように表示されます。タグを押すと、このタグをつけて投稿しているツイートを検索してみることができます。またこのタグをつけた自分のツイートは、他のユーザーがこのタグで検索をかけた時に表示されるようになります。

screenshot 1,038

ただ、上のアカウントは鍵アカウントと呼ばれる非表示設定がされた状態なので、#UXMILKで検索されても、自分のフォロワーでなければツイートは検索に引っかかりません。

また、先ほどは文章の最後にハッシュタグをつけましたが、半角でも全角でもいいので、スペースで区切ることで、文章の途中にもハッシュタグをつけれます。

screenshot 1,039

試しにハッシュタグの後のスペースをなくすと、テストですまでハッシュタグになってしまいましたね。

screenshot 1,040

以上が、ハッシュタグの基本的な使い方になります。ツイートを多くの人に見てほしい時などに利用していきましょう。