Microsoft Wordで作った文書にパスワードを設定する方法

Wordの文書を作って、他の誰かに見られたくない文書ってありますよね。例えば、仕事での企画書とか資料などです。Wordファイルにパスワードを設定することで、第三者にその文書は見られなくなります。

パスワードを設定する方法

まずパスワードを設定したいWordファイルを用意します。ここでは仮にテスト文書とします。

左上の「ファイル」タブをクリックします。

100

「文書の保護」をクリックします。

101

「パスワードを使用して暗号化」を選びます。

00

すると、ポップアップが表示され、パスワードを入れる枠が現れます。そこに任意のパスワードを設定します。確認用に2回入れる必要があります。それが終わったら、OKで閉じます。最後に名前を付けて保存し、Wordを終了します。

103

試しにパスワードを設定したテスト文書を開いてみましょう。パスワードを入れるポップアップが表示されます。ここで正しいパスワードを入れないと文書は開くことは出来ません。

パスワード111

パスワードの設定の方法―読み取り専用のパスワードの設定の方法

テスト文書に「名前を付けて保存」を押します。右下の赤い四角「参照」をクリックします。

106

次に、右下の赤い四角の、「ツール」をクリックします。

107

「全般オプション」をクリックします。
108

「全般オプション」のポップアップが表示されます。書き込みパスワードの赤い四角は、書き替えが出来ないようにするためのパスワード入力ボックスです。読み取り専用を推奨にチェックを入れて、文章の保護を押して下さい。上の読み取りパスワードは文書自体を読めないようにするパスワードです。

これは、前述の方法は違いますが同じようにファイルにパスワードを設定できます。

109

パスワードを忘れると二度と文書を読んだり、文書の変更ができなくなるので、注意してください。


イベント