イラストレーターのグラフツールを使って円グラフを作る方法

この記事では、Adobe Illustrator CCで円グラフを作成する方法を紹介します。

グラフのデータはIllustrator上で入力する方法と、テキストファイルで読み込む方法があり、どちらの方法も解説しています。また、作成したグラフはダイレクト選択ツール等を使用してデザインを変更したり、グラフ設定で凡例などの設定を変更することができます。

円グラフを作成する

棒グラフツールを右クリックして、円グラフツールを選択します。

2016-04-19_14h02_59

アートボード上でクリックして、任意のグラフの大きさを指定してOKをクリックします。

2016-04-18_13h28_44

グラフデータウィンドウが開くので、ここにデータを入力していきます。

2016-04-18_13h28_54

データを手入力する場合

基本的にはエクセルの考え方と同様です。デフォルトで1の値が入っているので、削除します。削除したいセルをクリックして選択し、そのままdeleteキーを押して削除します。また、赤い枠のデータ入力欄の値を削除することで値を削除することができます。その場合、別のセルをクリックすると、値の表示は消えます。

2016-04-18_13h38_53

一行目がグラフの項目をあらわし、二行目がグラフの値をあらわします。データ入力が終わったら、確定ボタンをクリックします。

2016-04-19_14h09_42

これで、簡単に円グラフを作ることができました。

2016-04-19_14h13_13

あらかじめ用意したファイルから作成する場合

あらかじめ、グラフのデータをテキストファイルに入力しておきます。
項目名と値をタブで区切って入力します。

2016-04-19_14h16_53

グラフデータウィンドウのデータの読み込みボタンをクリックし、用意したテキストファイルを読み込みます。

2016-04-18_14h03_58

きちんと読み込めたのを確認して、確定すると完成です。

2016-04-19_14h17_12

2016-04-19_14h17_49

グラフのデータを再編集したい場合

グラフを選択して、上部メニューの「オブジェクト」>「グラフ」>「データ」をクリックします。

2016-04-18_14h16_04

再度、グラフデータウィンドウが開くので、値を編集して適用ボタンを押してください。

2016-04-19_14h09_42

グラフのデザインを編集する

ダイレクト選択ツールを使用して、色を変更したい部分を選択します。

2016-04-18_14h26_24

2016-04-19_14h40_20

凡例の文字列も同様に、ダイレクト選択ツールで選択し、フォントを変えたりサイズを大きくしたりすることができます。

2016-04-19_14h43_16

グラフ設定で編集する

凡例の位置等の変更は、グラフ設定で行います。
上部メニューの「オブジェクト」>「グラフ」>「設定」を選択します。

2016-04-18_14h22_56

グラフ設定ダイアログが開きます。

2016-04-19_15h20_19

スタイル

影を付ける:グラフに影を付けることができます。

凡例をグラフの上部に表示する:凡例の位置をグラフの上に移動します。

1番目の系列:複数グラフを作成する場合、1行目に入力したデータを最前面に表示します。

1番目の項目(行):複数グラフを作成する場合、1列目に入力したデータを最前面に表示します。

オプション

凡例

標準:グラフの外に凡例を表示します。

グラフの中に表示:グラフの各項目にラベルとして表示します。

表示しない:凡例を非表示にします。

位置

比率:複数の円グラフを作成する場合、グラフのデータを合計した値に比例したサイズで表示されます。

等分:複数の円グラフを作成する場合、円グラフを同じ大きさで表示します。

重ね合わせ:複数の円グラフを作成する場合、円グラフを重ねて、グラフの合計値に比例したサイズで表示します。

ソート

すべて:円グラフを時計回りで値の大きい順に表示します。

最初に合わせる:値の大きい扇部分が一番初めに表示され、残りの扇部分は入力された順番に表示します。

なし:グラフの値が入力された順番に表示します。