Twitterのアプリが重い場合の対処法

Twitterのアプリケーションを利用していて、アプリの動作が重いと感じることがあるかもしれません。なかなかページが更新されなかったり、違うページに飛ぶのに時間がかかったりすることもあります。そんな時の対処法をご紹介します。

Twitterのアプリが重い場合の対処法

Twitterのアプリが重いときに考えられる原因は幾つかあるので、自分が当てはまるものがないか確認しながら対処法を試してみてください。

ツイッターのアプリに複数のアカウントを登録している

ツイッターのアプリは、複数のアカウント情報を登録して、切り替えて利用することができます。大変便利な機能ですが、たくさんのアカウントを登録していると、アプリ自体が重くなってしまうことがあるようです。使用する必要最低限のアカウントの登録にとどめておいたほうが良いでしょう。

端末自体が重くなっている

端末で複数のアプリを起動していたりして、端末自体が重くなってしまっていて、Twitterのアプリの動作も重くなってしまっているかもしれません。その場合は、他の使っていないアプリケーションを一度終了させましょう。また、それでも改善されない場合は、一度端末を再起動してみてください。

アプリケーションが最新ではない

アプリケーションのバージョンが古い場合も、動作が重いなどの不具合が現れる場合があります。アプリケーションをアップデートしましょう。

それでも直らない場合

ツイッターのサーバー自体が重くなっていたり、ダウンしていたりして、アプリケーションの動作が正常でなくなっている場合も考えられます。時間を置いてからアクセスしてみましょう。