LINEスタンプの使い方

LINEは日本で大変普及しているチャットアプリです。友人や家族、学校や職場などでの連絡やコミュニケーションツールとして大勢の人が利用しています。

そんなLINEアプリですが、気軽にコミュニケーションを取れるツールとして普及した理由の1つにスタンプ機能があります。

今までのメールでも絵文字やデコメのようなものがありましたが、絵文字よりも大きく、様々な種類があります。送る方も送られた方も楽しい機能です。そんなLINEスタンプの使い方を今回は紹介します。

LINEスタンプの使い方

140

LINEスタンプを送りたい相手とのトーク画面を開きます。スタンプを送るには、左下の+の横のスマイルのアイコンをタップします。

141

スタンプの一覧が表示されます。下のバーにスタンプのセットのアイコンが表示されるので、それをタップすると上にスタンプの一覧が表示されます。送りたいスタンプをタップします。

142

タップしたスタンプの確認画面が表示されます。ここに表示されているスタンプをもう一度タップするとトークに送信されます。

143

送信するとこのように表示されます。普通のメッセージと同じように送信した時間や、既読マークなどがつきます。

144

また、スタンプのセット一覧をスワイプして一番右側にある+をタップすると、LINEストアに移動して、様々なスタンプを簡単に追加することができます。有料のものや無料のもの、最近では動くものや音声がついているものもあります。

簡単に返事として利用できるものや、コミュニケーションを楽しくしてくれるスタンプがたくさんあるので、ぜひ利用してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)

購読

平日・毎朝更新中