LINEで文字化けが起こる理由

LINEで相手から来たメッセージが文字化けしていたことはありませんか?

特に特殊な記号や絵文字などが、×マークや□、その部分が空白になったりしてしまうことがあります。今回はその原因を見ていきましょう。

LINEで文字化けが起こる理由

文字化けする一番の理由に、LINEのバージョンがあります。自分が使っているアプリのバージョンと、トーク相手のLINEのアプリのバージョンが違うと、文字化けが起こることがあります。

文字化けが起こっているときは、自分のアプリのバージョンを一度確認してみてください。

ユーザー全員が最新のバージョンを利用していることが理想的ですが、LINEの過去バージョンのほうが使いやすく、そのまま使い続けている人もいたりと、全バージョンのユーザーに対応するのは難しいですよね。

また、文字化けに気づいたら教えてくれる人もいるかもしれませんが、文字化けだということ自体に気づかなかったり、文字化けしててもわざわざ教えてはくれないこともあると思います。

相手のバージョンを知ることはできないですし、気づかないうちに文字化けしているメッセージを送ってしまっているのは嫌ですよね。

解決策として、文字化けしやすい記号や絵文字は使用を控えるという手があります。特に、iPhone同士、Android同士であれば問題ないですが、相手のOSが違う場合は注意しなければいけません。

どうしても特殊な絵文字などを使用したい場合は、文字化けを防ぐアプリなどもあるので、そちらの利用も検討してみてください。


購読

平日・毎朝更新中