iPhoneのLINEのトークを復元する方法

LINEでは、トーク履歴はアプリケーション内、つまり端末に保存されるため、アプリケーションを削除するとトーク履歴はすべて消えてしまいます。

サーバーに保管されていないため、自分の手元のデータを消してしまうと復元する方法はありません。Androidであれば、個別のトーク履歴のバックアップを作成して復元する方法が、手動ではありますが存在します。

しかし、iPhone版のLINEのアプリケーションには、そもそもバックアップを作成やトークを復元といった項目が全くありません。そこで、iTunesのバックアップを使ってLINEのトークを復元する方法をご紹介します。

iPhoneのLINEのトークを復元する方法

LINEのトーク履歴だけでバックアップを作成する方法がなく、iTunesで、iPhoneの全てのデータのバックアップを取る方法を使って、LINEのトークを復元するしかありません。

ただし、この方法は公式では推奨されていないものなので、自己責任で行ってください。

手順としては、iTunesでiPhoneのバックアップを作成して(ここで必ず、暗号化にチェックを入れパスワードを設定してください)、そのバックアップでiPhoneを復元するだけです。

この方法で無事トーク履歴も復元されれば問題ありませんが、成功しない可能性もあり、他のアプリなども最初から設定したりと面倒です。

トーク履歴をテキストファイルで転送して保管したりできる機能はiPhoneでも使えますので、そちらも検討してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square