ユーザーエージェントを変更できるChrome拡張機能「User-Agent Switcher」

最近のWebサイトデザインでは、レスポンシブWebデザインで、PCとスマートフォンやそれぞれの各ブラウザでの表示の確認を意識しなければなりませんよね?

そんなときに便利なChrome拡張機能が「User-Agent Switcher for Chrome」です。

Chromeの拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」のインストール

「User-Agent Switcher for Chrome」は、UserAgent(ユーザーエージェント・以下UA)を変更して、ChromeでスマートフォンやIEなどの他のブラウザに偽装してWebページを閲覧できる拡張機能です。

1. Chromeウェブストアの「User-Agent Switcher for Chrome」のページへアクセスし、[+ CHROME に追加]をクリック

UA_キャプチャ_1

2. ポップアップが表示されるので、[拡張機能を追加]をクリック

UA_キャプチャ_2

Chrome右上に[User-Agent Switcher for Chrome]のボタンが追加されます。

UA_キャプチャ_3

Chromeの拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」の使い方

[User-Agent Switcher for Chrome]のボタンをクリック

UA_キャプチャ_4

UAのリストが表示されますので、そこから使用するUAを選択して、Webサイトを閲覧してください。

  • Firefox
  • Internet Explorer
  • Opera
  • Safari
  • iOS
  • Android
  • Windows Phone

以上が切り替えられるUA一覧です。

まとめ

正確性を求めるのであれば、実際の機器やそれぞれのブラウザで最終的に確認した方が良いですが、ざっとそれぞれの表示確認をする場合には、とても便利だと思います。

UAを切り替えて作業することが多い方は、導入してみてはいかがでしょうか?





イベント