インスタグラムの投稿でハッシュタグをつける方法

Instagramで投稿をする際に付けると便利なのがハッシュタグです。このハッシュタグを付けることで、同じハッシュタグがついている投稿を探すのも簡単になります。

今回はこのハッシュタグの付け方についてまとめてみました。

ハッシュタグとは

2016-06-21-19.58.41

Instagramの投稿でコメントのあとに「#〜」とリンクの付いた文章を見かけるときがありますが、これがハッシュタグです。このタグは全ユーザー共通で使用されるもので、タグに指定した言葉によってInstagram内の写真がグルーピングされるようになります。

たとえば「#お祭り」というタグを自分の写真につけた場合、そのタグをタップすれば、ほかのユーザーで同じ「#お祭り」タグをつけた投稿があるかどうか見ることができます。

同じハッシュタグをつけているということは、同じ様な投稿をしている人がいるということです。つまり趣味が合うような仲間を探すことができます。

よく使われているタグについてはこちらをご覧ください。

インスタグラムで使用されている人気ハッシュタグ10選
Instagramで特に人気なハッシュタグをまとめてみました。

ハッシュタグを入力する方法

まずは通常どおり、写真を選び、キャプション(コメント)を入れましょう。

そのあとに半角で「#」を入れ、ハッシュタグにしたい言葉を入れます。

2016-06-21-20.02.26

ハッシュタグにしたい言葉を入れていくと下部に候補が出てきます。タップで選ぶか、ワードを打ち終えて半角スペースを入れれば入力完了です。

ちなみに、ハッシュタグにスペースなどを入れることはできません。どうしても入れたい場合はアンダースコア(_)などを入れてみると良いかもしれません。

ハッシュタグは、基本的に文章の最後に付けるものとされています。明確なルールではないのですがマナーとして最後に付けると良いでしょう。

ハッシュタグは複数つけることができる

2016-06-21-20.03.57

ハッシュタグはいくつもつけることが可能です。つければつける程、同じタグから飛んできて見てもらえる確率は上がりますが、あまりタグと関係ない写真を上げてしまうと、タグページを閲覧している他のユーザーの気分を害することがありますので、気をつけましょう。

ハッシュタグをつけることで自分のフォロワー外の人にも露出することになるということを認識しましょう。ハッシュタグをつける際にそのタグの投稿がどれくらいあるか表示されますので参考にするといいでしょう。

2016-06-21-20.03.08

プロフィールを非公開にしている場合

自分のプロフィールを非公開にしていて、ハッシュタグをつけた場合は自分の許可したフォロワーと自分以外にはハッシュタグ一覧に表示されない仕様になっています。

なので、非公開でもハッシュタグをつけたからといって、外部のユーザーに見られるということはありません。

おまけ:ハッシュタグのトレンド

最近ではわざと誰も使わないようなハッシュタグを使うケースも増えています。

Instagramの投稿コメント欄は改行もできず、簡素なものなので、文字を強調するという意味でハッシュタグを使う人も少なくありません。通常のコメントの補足としてハッシュタグを使ったり、ハッシュタグをいくつもくっつけて文章にしたり、ハッシュタグを利用した文章はInstagramならではの表現文化になりつつあります。

まとめ

ハッシュタグの使い方や説明は以上です。ハッシュタグをつけていると、知らない人からいいねをもらえたり、自分と同じ投稿をしている仲間を見つけたりもできますので、ぜひ活用してみましょう。