LINEのトーク履歴を保存する方法

携帯の機種変更をする際、LINEもアンインストールすることになってしまうのでトークの内容も消えてしまいます。

友達の設定などアカウント情報を残すことはできても会話の内容までは残すことができず、勢いで消してしまって後で後悔しているなんてことも。

ですが、友達と遊ぶ予定などをLINEで確認している人も多いので、消えてしまうと困ってしまう人もいるはずです。

実はトークの履歴残して、後で復元することが可能です。

それではその方法を見ていきましょう。

トークを保存する

実はトークは一括で保存することができず、トーク1つ1つを保存することになります。

そのため、たくさん保存すると大変なことになってしまうので保存したいトークを絞ってから保存するのがいいですね。

保存したいトーク画面を開き、右上にある「▽」をタップします。

その中にある「トーク設定」をタップすると、トークの設定画面に移ります。

そして、「トーク履歴をバックアップ」をタップしてください。

すると、「テキストでバックアップ」と「すべてバックアップ」の選択画面になります。

こうすることでLINEのバックアップファイルが作成され、スマホ内に保存できるだけではなくメールに添付して送ることもできます。

 2016-04-24 14.33.56

トークを復元する

 2016-04-24 14.34.48

機種変更をしたときやLINEアプリをアンインストールしてしまったときなどには先程作ったファイルを復元することで以前までのトークを見ることができるようになります。

バックアップをした友達とのトーク画面を開きます。

先ほどと同じように、トーク設定の画面を開くと、「トーク履歴をインポート」が表示されるのでタップしましょう。

すると復元が完了します。

いくつかバックアップが保存してあるときも、LINE側でどのトークかを判別して復元されるため、心配いりません。

ちょっと手間がかかりますが、トーク履歴を残しておきたいという人は覚えて実行できるといいですね。


イベント