LINEスケジュールの使い方

たくさんの人を取りまとめるのに、出欠表を作る必要がある場合は多いかと思います。

人数が多すぎて、誰がいつ来られるのかわからないということも多いのではないでしょうか。

そんなときに使えるのが「LINEスケジュール」です。

どんなアプリなのか見ていきましょう。

手帳アプリではなく、グループ管理アプリ

スケジュールと聞くと、手帳のようなアプリなのではないかと思ってしまいますが、実はLINEグループの管理アプリなのです。

LINEスケジュールでイベントを立ち上げ、そこに出席できるかどうかを◯、△、✕の3つで回答します。

もちろん何日か候補の日を立てておいて、予定が空いている日に入れてもらうという方法もありです。

グループだけではなく個人トークだけで作ることもできます。

ちょっとした機能のように見えますが、歓迎会や忘年会などの飲み会シーズンはもちろん、女子会の日程を立てるのにも便利なアプリとなっています。

それでは使い方を見ていきましょう。

スケジュールを作る

 2016-04-24 14.35.44

「その他」タブの「LINE App」をタップし、「LINEスケジュール」を選択します。

アプリとしてダウンロードをする必要のないものなので、気軽に使うことができますね。

2016-04-24 14.40.39

すると「イベントリスト」が出てくるので「イベント追加」をタップしてください。

イベント名と内容、日程選択画面に移ります。決めるときに、日程だけは編集と削除ができないので注意してください。

2016-04-24 14.40.49

全て選択し終わると、イベントにメンバーを招待します。グループのメンバーでも、LINEグループでのイベントではないような個人の招待も可能です。

「招待」をタップするとメッセージ画面が出てくるので、場所や時間などの詳細を書いておくといいですね。

「送信」でそれぞれのトークにメッセージが行きます。

招待した人とのトークで確認してみてください。また画面を開きたいときも、自分が送ったメッセージから入ることができます。

送られてきた場合も、回答をタップして「回答を更新」をタップすれば回答が可能です。

たくさんの人が集まるときに日程を決めやすい便利なものです。ちょっとしたイベントのときにでも使ってみたいですね。


イベント