Microsoft Wordで図形に文字を入力する方法

フローチャートに代表されるように、四角形やひし形のような決められた図形の中に、文字を入力する描画表現はよく使われます。また漫画のように登場人物のセリフを表現するために、絵の中の画像の中に文字を記載する「吹き出し」もその描画表現の仲間です。

これらは、Wordであらかじめ準備された図形のなかに文字を入力することで作ることができますし、Wordでは入力した文字の書式を変更して見やすくすることができます。それでは図形に文字を入力する方法を紹介しましょう。

Wordで図形に文字を入力する方法

「挿入」タブから「図」を選んで、図を描きます。下の例では平行四辺形を描画しました。

1

図形を選択して、右クリックを押します。メニューが表示されますので「テキストの追加」を選びます。

3

「テキストの追加」を選ぶと描画した画像中央部のカーソルが点滅します。その部分に文字を入力することができます。

4

この状態でも、図形の編集や入力した文字の編集が可能です。たとえば図形の上で右クリックを押すと図形の書式設定をえらべますので塗りつぶしの色を変更することができます。

5

入力した文字も書式を変更することができます。文字を入力した図形を選択してください。そうすると描画ツールとして「書式」タブが現れます。ここでは入力した文字のフォントや大きさ、塗りつぶしや、右寄せ左寄せなどの配置を指定できます。

6

まとめ

まずは「挿入」タブから図形を描きましょう。図形を右クリックして「テキストの追加」を選ぶと文字を入力することができます。また文字を入力した図形を選択すると「書式」タブから入力した文字の修飾ができます。