Microsoft Wordで表の列の幅や行の高さを変更する方法

Wordで表を作成すると幅や高さは等間隔に設定されます。しかし日付や月など数字が数文字分しか入力しない欄と、項目名や売上高など文字数が多い欄では、表の幅や高さを変えることによって見栄えがよくなります。

そこでWordで作成した表の、列の幅や行の高さを変更する方法を紹介します。

Wordで表を移動・コピーする方法

Wordで日付と売り上げの関係の表を作成しました。日付は3日分、売り上げはA店とB店の二店舗ある例としています。表を見てもらったとおり、A店の売り上げ欄の幅が広く、また6日もほかの行に比べると高い状態になっています。

1

はじめにA店売り上げの幅を変更しましょう。A店売り上げの右側の罫線をドラッグし、そのまま左側に移動すると表の幅を変更することができます

2

同様に6日の高さを変更するには、一番下の罫線をドラッグして上方向に移動すると表の高さを変更できます。

3

表の列の幅や、行の高さを変更した結果、以下の例のように見やすくなりました。

4

なお、列の幅や高さを均等に振り分ける方法はワンボタンで可能です。まずは表全体を選択します。

5

表ツールが表示されますので、レイアウトタブの「セルのサイズ」にある「高さを揃える」「幅を揃える」を押します。

  6

そうすると表の選択部分の幅、高さが均等に振り分けられました。

7

まとめ

表の列の幅や行の高さを変更するには、罫線をドラッグして移動することで可能になります。均等に配置したい場合は、レイアウトタブの「セルのサイズ」にある「高さを揃える」「幅を揃える」を押します。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)