インスタグラムのアカウントにカギをかける方法

Instagramをしばらく使っていると、フォロワーも増え、そろそろ増やさなくても仲間だけでもいいかなと思ったり知らない人からは見られたくないということを考えるかもしれません。

そういった時には、自分のアカウントに鍵をかけて非公開設定にしてみると良いでしょう。

今回は、Instagramの鍵について詳しくまとめてみました。

アカウントの鍵のかけ方

1

まずは自分のプロフィール画面を開くために、右下の人型のマークをタップします。次にオプション画面を開くために右上の歯車マーク(iPhoneの場合)をタップしましょう。

2

オプション画面から、【非公開アカウント】という項目をオンにするためにタップして、青く色を付けましょう。上記の状態が非公開に設定されている状態です。

非公開をやめたい場合は再度タップすると公開状態に戻ります。

非公開だとどうなるのか

アカウントに鍵をかけて、非公開のアカウントにした場合下記の様な状況になります。

1. 第三者からのフォローは申請制になる

未だフォローされていない第三者から、通常であれば『フォローする』ボタンをタップするとその人をフォローすることが出来ますが、非公開アカウントにした場合は申請制になり、許可を出さない限りはその人にフォローされることはありません。

2. フォロワ―じゃない限り写真などの投稿は見られない

フォロワーじゃない第三者が投稿を見ようとしても、【このアカウントは非公開アカウントです】と表示され、投稿を見ることは出来ません。

同じ様にフォトマップも見ることが出来ないので、プライバシーの観点でいうと良いですよね。

まとめ

Instagramは、誰でも気軽に楽しむことの出来る良いアプリですが写真がいつの間にか他人に使われてしまうということも考えられます。フォトマップをオンにしていると、自分のよく行く場所もわかってしまいます。

悪い方向には考えたくないですが、万が一ということを考えると鍵の付け方を知っておいて損はないでしょう。