インスタグラムで特定のユーザーをタグ付けする方法

インスタグラムで耳にする「タグ付け」の意味を知っていますか?

誰かと一緒に撮影した写真に「誰々と一緒に撮影した」ということが一目でわかる方法をタグ付けと呼びます。

今回は特定のユーザーをタグ付けする方法について詳しくご紹介します。

投稿時にタグ付けする方法

投稿したい写真を選び、編集を行います。投稿する際の一番最後の画面までいつも通りに進みましょう。

IMG_1681

投稿の一つ前の画面です。この画面で、「タグ付けする」という項目をタップします。

IMG_1682

タグ付けしたい箇所(人物やタグ付けしたい場所)をタップすると上の画像のような画面が表示されます。検索バーに、タグ付けしたいユーザーアカウントを入力して検索しましょう。

IMG_1683

今回は、Instagramの公式アカウントを見本にタグ付けしてみました。この様に、ユーザーアカウントが表示されます。

問題なければ、「OK」をタップして投稿をシェアしましょう。

すでに投稿している写真にタグ付けをする方法

タグ付けできるのは新規投稿だけではありません。すでに投稿済みの写真も、編集を選び「タグ付けする」という項目から同じ様に設定することが可能です。

投稿時にはまだ繋がっていない友人で、そのあとに繋がった場合は、後から編集してタグ付けをしてみるのも良いでしょう。

まとめ

タグ付けを行うことによって、その写真の左下に人型のマークが表示されます。こちらをタップするとユーザーアカウントが表示されます。

表示されたユーザーアカウントをタップするとその人のプロフィール画面を表示することが出来ます。友人同士がつながるきっかけにもなるタグ付けの機能をしっかりと理解して活用しましょう。