イラストレーターをペイントのように色塗りする方法

イラストレーターで作業するにあたり、図形や作成したオブジェクトなどの着色は欠かせない作業です。今回は、他のペイント系ソフトのように、図形やオブジェクトの色を塗る方法をご紹介します。何を作るにも頻繁に使用する基本的なテクニックなので、しっかりと覚えておきましょう。

イラストレーターをペイントのように色塗りする方法

新規ドキュメントを作成します。今回は適当な大きさで作成しました。

screenshot 1,398

まず、オブジェクトを塗る方法です。オブジェクトの作成方法はイラストレーターでは幾つかあります。好きなツールなどを使用してください。今回は長方形ツールを選択しました。

screenshot 1,399

長方形ツールでオブジェクトを作成します。

オプションパネルです。左側が塗りの色の設定、右側が線の色の設定です。左側の四角をクリックしてオブジェクトを塗りたい色を選択します。

screenshot 1,401

今回は赤を選択しました。すると、赤でオブジェクトが塗りつぶされました。描画したものを塗りつぶしたい場合は、今回のように色を指定するだけで簡単に塗りつぶすことができます。

他にも、作成したクローズパスを塗りつぶすこともできます。今回はペンツールを使ってパスを作成していきます。

screenshot 1,403

塗りの色を、塗りつぶしたい色に指定します。

screenshot 1,405

あとはパスを作成するだけです。中が指定した色で塗りつぶされました。

また、塗りの指定は単色だけでなく、グラデーションやパターンを指定することもできます。応用することで、さまざまな描画が可能になります。