イラストレーターの文字に行間を設定する方法

イラストレーターでは、オブジェクトなどの描画だけでなく、テキストツールを利用してテキストを入力することができます。入力したテキストは行間を好きな間隔に設定することができます。今回は、イラストレーターで文字の行間を設定する方法をご紹介します。

イラストレーターの文字に行間を設定する方法

イラストレーターにはテキストを配置する為のテキストツールが幾つかあります。好きなツールを使ってテキストを作成してください。今回は標準の文字ツールでテキストを作成してみます。

screenshot 1,407

まず、適当なサイズでドキュメントを作成しました。

screenshot 1,398

このような感じで、横書きで3行程適当に入力してみました。この3行の行間を変更してみます。

作成済みのテキストに変更を加えるので、このように変更させたいテキストを、テキストツールのままドラッグして選択しておきます。

後は、文字パネルから行送りオプションの項目を指定するだけです。文字パネルが表示されていない場合は、メニューバーのウインドウをクリックして、書式→文字を選択します。

screenshot-1,409

行送りのオプションを先ほどよりも大きく設定しました。先ほどより行間が広くなったのがわかると思います。

値を小さくすると、行間が狭まりこのようになります。

縦書きの場合も同じように変更が可能です。

縦書きと横書きの場合、アイコンが少し変化します。試しに値を大きく変更してみます。

screenshot 1,415

縦書きの場合このように行間が変化します。

基本的な操作の1つなので、しっかり覚えておきましょう。


イベント