イラストレーターの各種ブラシの使い方

イラストレーターのブラシツールは、線や絵を描くことに特化したツールの1つです。イラストレーターには、カリグラフィブラシ、アートブラシ、散布ブラシ、パターンブラシ、絵筆ブラシの 5種類のブラシがあります。今回はそれぞれのブラシの特徴と使い方についてご紹介します。

ブラシツールの基本的な使い方

ツールパネルから、ブラシツールを選択します。

screenshot 1,442

あとは、ドキュメント上でドラッグするだけで、簡単にパスを作成できます。ドラッグしてる途中は、軌跡は小さい点線で表示されます。ドラッグを終了すると、ブラシを適用したパスが作成されます。

また、ブラシパネルからブラシの種類や色、太さなどの指定を行うことができます。ブラシパネルは、画面上部にあるメニューバーの、ウィンドウ→ブラシで表示することができます。

また、それぞれのブラシオプションの各項目を設定することで、自分好みにカスタマイズすることが可能です。ブラシオプションは、選択したブラシのアイコンをダブルクリックすることで表示することができます。

カリグラフィブラシ

文字を美しく描くための、カリグラフィペンと似たような線を描くことができます。

ブラシパネルの赤枠で囲んだ部分がカリグラフィブラシです。

・角度 : ブラシの回転角度を設定することができます。

・真円率 : ブラシの丸みを設定することができます。

・直径 : ブラシの直径を設定することができます。

散布ブラシ

散布ブラシとして登録したオブジェクトをパスに沿ってランダムに散布することができます。

 ブラシパネルの赤枠で囲んだ部分が散布ブラシです。

・サイズ : オブジェクトのサイズを設定することができます。

・間隔 : 散布オブジェクト間の間隔を設定することができます。

・散布 : 各散布オブジェクトとパスとの距離を設定することができます。

・回転 : 散布オブジェクトの回転角度を設定することができます。

・回転の基準 :散布オブジェクトの回転角度を設定することができます。

アートブラシ

チョークや木炭で描いたような線を描くことができます。

ブラシパネルの赤枠で囲んだ部分がアートブラシです。 

・幅 : オブジェクトの幅を設定することができます。

・ブラシ伸縮オプション : 伸縮するオブジェクトの縦横比を維持することができます。「縦横比を保持して拡大・縮小」、「ストロークの長さに合わせて伸縮」、「ガイド間で伸縮」の3つのオプションを選択可能です。

・方向 : ブラシパスを作成する場合のオブジェクトの方向を設定することができます。

・軸に沿って反転・軸を基準に反転 : パスを基準にしてオブジェクトの方向を選択することができます。

・彩色 : 線の色、彩色方法を選択することができます。「色合い」、「色合いと陰影」、「色相のシフト」の3つのオプションを選択可能です。

パターンブラシ

パターンブラシとして登録されているオブジェクトを、タイル上に配置することができます。

ブラシパネルの赤枠で囲んだ部分がパターンブラシです。

・拡大・縮小 : 元のサイズを基準にしてタイルのサイズを調整することができます。

・間隔 : タイルの間隔を調整します。

・タイルのボタン : パスの各部分に異なるパターンを設定することができます。

・軸に沿って反転、軸を基準に反転 : パスを基準にしてパターンの方向を設定することができます。

・フィット : パスの形に合わせてタイルを配置する方法を設定することができます。

・彩色 : 線の色および彩色方法を設定することができます。「色合い」、「色合いと陰影」、「色相のシフト」の3つのオプションを選択可能です。

絵筆ブラシ

ブラシパネルの赤枠で囲んだ部分がパターンブラシです。

・拡大・縮小 : 元のサイズを基準にしてタイルのサイズを調整することができます。

・間隔 : タイルの間隔を調整することができます。

・タイルのボタン : パスの各部分に異なるパターンを設定することができます。

・軸に沿って反転、軸を基準に反転 : パスを基準にしてパターンの方向を設定することができます。

・フィット : パスの形に合わせてタイルを配置する方法を設定することができます。

・彩色 : 線の色、彩色方法を設定することができます。「色合い」、「色合いと陰影」、「色相のシフト」の3つのオプションを選択可能です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square