LINEの非表示と削除とブロックの違い

「友だちリストには入っているけれど、最近仲良くしていない」「ダウンロード目的で友だち追加をしたけれど、公式アカウントを削除したい」「迷惑な連絡はブロックしたい」など、皆さん思いは人それぞれだと思います。

ですが、膨大なリストをたまには整理したいとは誰もが思うことです。そんな時に便利な「削除」「非表示」「ブロック」機能ですが、それぞれの違いをご紹介します。

LINEの非表示と削除とブロックの違い

「非表示」機能

非表示機能は、友だちリストの中にある表示したくない友だちを「非表示」にする機能です。

  • 非表示にした友だちはリスト上では非表示になります。
  • メッセージのやり取りはできます。
  • 非表示にした友だちを再表示することができます。
  • 相手に通知はいきません。

「削除」機能

削除機能は、友だちリストの中にある削除したい友だちを「削除」する機能です。

  • 削除した友だちはリスト上では非表示になります。
  • メッセージのやり取りはできません。
  • 一度削除した友達を再表示することはできません。
  • 相手に通知はいきません。

「ブロック」機能

ブロック機能は、友だちリストの中にあるブロックしたい友だちを「ブロック」する機能です。

  • ブロックした友だちはリスト上で非表示になります。
  • メッセージのやり取りはできません。
  • ブロックを解除することができます。
  • 相手に通知はいきません。

まとめ

「非表示」「削除」「ブロック」些細な違いですが、使い用途は大きく変わります。削除してしまったものはもとには戻せませんので、その辺を理解した上で効率良く使っていきたいものですね。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square