LINEをやめたい場合のアプリ削除方法

LINEを始めたもののあまり必要なかった、アカウントを消したいなど何かしらの理由でLINEをやめたいということがあるかもしれません。そういった時、ただLINEのアプリを削除するだけで良いのでしょうか?

今回は、LINEをやめたい場合のアプリの削除方法について詳しくご紹介します。

アプリを削除するとどうなるか

LINEのアプリを削除すると、アプリ自体が無くなるので当たり前ですが今まできていた通知が全て来なくなります。

例えば、繋がっていた友人が何かをトークに書いたとしても一切わからない状態になります。相手にとってはいつまでも未読の状態ということになります。

しかし、アカウント自体は残っているので友人からすると、「どうしたんだろう? ブロックされてしまったのだろうか?」という状態になってしまうかもしれません。繋がっている友人からは、アカウント自体は残っているしトークや通話をしようと発信することは出来る状態になります。

また、LINEアプリを再度入れなおしてログインすることで同じアカウントを使用することも出来ます。※メールアドレスの登録を行っていないとアカウント自体を戻すことが出来なくなるので、ご注意ください。

完全に削除したい場合

使っていたアカウントを完全に削除したいという場合は、アプリを削除するだけではなく「アカウントの削除」を行ってからアプリの削除を行いましょう。

こうすることで、繋がっていた友人の友だち一覧から自分のアカウントを消すことが出来ます。今まで話していたトーク画面には「このユーザーは存在しません」と表示されます。

アカウントの削除については、LINEを初期化する方法の記事を参考にしてみてください。

まとめ

LINEをやめたい場合、一番簡単なのはアプリを削除することです。これは他のアプリと同様簡単に削除することが出来ますよね。

ただし、友人と繋がっている限りこの方法では何かしらのしこりが残ってしまうかもしれません。LINEをやめたい場合はアカウントの削除を行うか、プロフィールのひとことに「LINEやめました」など書いておくと良いかもしれません。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square