知っておかないと怖い、LINEのセキュリティ

LINEはチャットや通話が基本的に無料で楽しめるコミュニケーションサービスです。豊富な機能でとても便利なので、今では友達や家族同士だけでなく、職場や学校でも利用されることが多いです。

使用する機会が増えるほど気になるのが、個人情報などの問題です。気軽につながることのできるツールだからこそ、しっかりセキュリティについても考えたいものです。

セキュリティ対策をしっかり行い、安心・安全に楽しくLINEを使いましょう。今回は、LINEのセキュリティについてまとめました。

知っておかないと怖い、LINEのセキュリティ

機能には、それぞれメリットとデメリットがあります。同じ機能でも、便利だと感じる人もいれば不安を感じる人もいます。感じ方は人それぞれですので、用途に応じて使いこなしていきたいですね。

「IDで友だち追加を許可」の設定

LINEには、友だちがあなたのIDを検索して友だちに追加することができる機能があります。便利な機能ですが、自分が知らない間に、勝手に登録されるというのは嫌だと感じる方もいますよね。

そんな時には、「IDで友だち追加を許可」をOFFにしておきましょう。LINE画面下の「その他」から「設定」を選択し、「プライバシー管理」を選択します。

IMG_4532

「IDで友だち追加を許可」をOFFにします。

IMG_4535

友だちへの追加を許可の設定

あなたの電話番号を保有しているLINEユーザーが、自動で友だちに追加したり、検索することができる機能です。こちらも便利な機能ですが、仕事関係の人などLINEでつながらなくて良い相手もいますよね。

そのような場合には、「友だちへの追加を許可」をOFFに設定しましょう。LINE画面下の「その他」から「設定」を選択し、「友だち」を選択します。

IMG_4529

「友だちへの追加を許可」をOFFにします。

IMG_4538

オフにすると、相手がID検索機能を利用して自分を友達に追加できなくなります。

「ログイン許可」の設定

他の端末からでもLINEを使える設定はとても便利ですが、セキュリティ対策をしっかりしておかないと、勝手に見られてしまう危険性もありますので注意が必要です。芸能人のLINEでの会話が流出してしまう事例もありました。

そういったことを未然に防ぐには、「ログイン許可」をOFFにしておきましょう。LINE画面下の「その他」から「設定」を選択し、「アカウント」を選択します。

IMG_4532

「ログイン許可」をOFFにします。

IMG_4541

パスコードの設定

LINEを勝手に見られたくない場合は、パスコードを設定すると安心です。

LINE画面下の「その他」から「設定」を選択し、「プライバシー管理」を選択します。

IMG_4532

「パスコードロック」をONにします。

IMG_4542

オンにすると、LINEのアプリ自体に端末本体のパスコードとは別にパスコードを設定することができます。うっかり、端末のパスコードが解除した状態にしてあっても、LINEを開くにはパスコードの認証が求められるので、知っている人しか開くことができません。

メッセージ受信拒否

パスコード設定と同様にして、プライバシー管理画面を表示させます。

IMG_4542

デフォルトではオフになっているため、自分が友達追加していない相手からはメッセージが届かない様になっています。オンになっている場合はオフにしましょう。

QRコード更新

こちらも同様にプライバシー画面を開き、QRコードを更新をタップします。

IMG_4542

友達追加に利用するQRコードの画像を更新して新しいものに変更することができます。画像なので、万が一流出してしまう様なことがあった場合、更新して知らない人に友達追加されてしまうのを防げます。

まとめ

今回は、LINEを使う上で知っておきたいセキュリティに関することをご紹介しました。自分の用途に合わせてセキュリティ対策をしておきましょう。


イベント