HTMLにおける<a>タグの使い方

HTMLの特徴のひとつであるハイパーテキストは、いくつかのドキュメントを相互に参照しあう仕組みです。また、ドキュメントを相互に参照しあうことをハイパーリンクといいます。

ハイパーリンクはサイト内外のページやデータファイルも対象にできます。それでは、ハイパーリンクを可能にする<a>タグの使い方を紹介します。

HTMLにおける<a>タグの使い方

ハイパーリンクは開始タグ<a>と終了タグ</a>を用いて、a要素で指定します。リンク先はhref属性で、URLや場所を記します。書式は以下のようになります。

<a href=”リンク先のアドレス”>テキスト</a>

" ”の中ににはリンク先のアドレスを、「テキスト」にはウェブページで表示される文字列を記載します。

リンク先が外部サイトの場合はURL全体で指定する必要があります。例えば、UX MILKのトップページとハイパーリンクしたい場合、以下のように記載してください。

ウェブページには開始タグ<a>と終了タグ</a>に挟まれた「テキスト」に記載した「UX MILK」と表示され、ここがリンクボタンとして機能する仕組みになっていて、ボタンを押すとUX MILKのトップページにジャンプします。

<a href=”http://uxmilk.jp/”>UX MILK</a>

また使用できる属性は今回紹介しましたhref以外に、以下のものがあります。

  • charset
  • coords
  • target
  • name
  • rel
  • media
  • hreflang
  • type
  • rev
  • shape

グローバル属性:

  • accesskey
  • class
  • contenteditable
  • dir
  • hidden
  • id
  • lang
  • spellcheck
  • style
  • tabindex
  • title
  • translate

イベントハンドラ属性:

  • onblur/onfocus
  • onclick
  • ondblclick
  • onkeydown/onkeypress/onkeyup
  • onmousedown/onmousemove/onmouseup
  • onmouseout/onmouseover

まとめ

<a>タグを用いて、a要素とhref属性でハイパーリンクの書式を紹介しました。別の属性を用いると新しいウィンドウで表示することも可能です。