イラストレーターで文字を加工する方法

イラストレーターにはテキストを配置する機能があります。頻繁に使う機能だと思いますが、色やフォント、サイズの変更以外にもオプションの指定や他の機能を併用することでテキストの加工が可能です。今回は、文字の加工方法をご紹介します。

イラストレーターで文字を加工する方法

イラストレーターを開いたら、文字を配置したい新規ドキュメントを作成するか、画像などを開きます。好きな文字ツールを使って、文字を入力します。今回は、文字ツールで入力します。

436

文字ツールでUX MILKと入力しました。

文字を選択した状態で、文字パネルを操作することで、フォントやテキストのサイズなど基本的な設定が行えます。

438

また、オプションバーで文字の色や文字の縁の色や太さなどを変更することができます。

439

縁の色を青に、文字を白に設定しました。基本的なデザインの変更は、以上の文字パネルとオプションバーで行えると思います。

更に文字を加工したい場合の方法もご紹介します。画像の文字を加工してみます。

選択ツールでテキストを選択した状態で、右クリックします。画像のようなメニューが出るので、アウトラインを作成を選択してください。

442

アウトラインが作成され、文字自体の形を変更できるようになりました。変更したい文字をダブルクリックして形を変えてみてください。

また、ダイレクト選択ツールを使うと、アンカーポイントを移動させることができるので画像のように更に細かく形を加工することができます。

444

基本的な文字の加工方法は以上です。アウトラインを作成すると、フォントや文字自体の変更などをすることはできなくなるので注意してください。


イベント