HTMLのタグとは?

HTMLはハイパーテキスト・マークアップランゲージの略称です。これは相互に参照しあうハイパーテキストとタグと呼ばれる文字列を追加し文書を構造化したマークアップランゲージからなります。ウェブページの作成はHTMLのタグを使って構造化する作業だといえます。それではHTMLのタグについて概要を紹介します。

HTMLのタグとは

インターネットの中ではよく「タグ」という言葉が使われています。直訳すると付箋とか荷札という意味で、例えば「ICタグ」は衣料などのモノにつける小さな荷札です。しかしHTMLのなかでの「タグ」は少し違って、不等号の記号 ”<” と ”>” で挟まれた英数字をタグといいます。この”<” と ”>”ではさまれたタグには構造や命令、コメントを書き込みます。

例えば、いまここに表示されている文字は、文字の大きさは同じで色も黒のみですが、文字の大きさや色などもタグで指定することができます。ほかには見出しのレベルや段落、リスト、画像、表組みなどHTML文書内の文書構造や書式、修飾をタグによって指定します。

また、HTMLタグは始まりと終わりを指定する必要があります。始まりは<タグ名>で開始タグと呼び、終わりはスラッシュをつけて</タグ名>で終了タグと呼びます。

まとめ

HTMLタグは ”<” と ”>” で挟まれた英数字で、HTML文書内の文書構造や書式、修飾を指定します。タグの適用範囲をしているために開始タグと終了タグで囲みます。


イベント

購読

平日・毎朝更新中