HTMLのブロックレベル要素/インライン要素とは

HTMLの要素とは、開始タグと終了タグを用いて構成される全体をさします。さらに要素は「ブロックレベル要素」と「インライン要素」に分類することができます。今回は「ブロックレベル要素」と「インライン要素」を紹介していきます。

HTMLのブロックレベル要素とインライン要素とは

ブロックレベル要素とは文書の骨組みとなる要素です。例えば見出しや段落など、文書を構成する基本となる要素で、ひとつのブロックとして認識されます。また原則として前後に改行が入ります。

インライン要素は、ブロックレベル要素の内容として用いられる要素で、行の中の文字に論理的な意味をもたせ、文章として扱われます。例えば段落の中で一部を太字にしたり、リンクをするような要素です。また原則として前後に改行は入りません。またインライン要素の中には画像や入力欄のようにテキスト以外のものに置き換えられる置換要素があります。

ブロックレベル要素とインライン要素には配置のルールが決まっています。ブロックレベル要素の中には、他のブロックレベル要素やインライン要素を配置することができます。一方インライン要素の中には他のインライン要素や文字データは配置することができますが、ブロックレベル要素を配置することはできません。

まとめ

要素は文章の基本骨格となるブロックレベル要素と、行中の文字に論理的な意味を持たせるインライン要素に分類できます。これらの要素には配置ルールがあります。