イラストレーターで透明マスクを使用する方法

マスクとは元の画像を編集することなく、不要な部分を削除したように見せることができる機能です。イラストレーターでもマスク機能を使って、元の画像に編集を加えることなく、不要な部分を隠してしまうことができます。

マスクには、いくつか方法がありますが、今回は白黒の階調で透明度を指定しながらマスクすることができる不透明マスクの使い方をご紹介します。

イラストレーターで透明マスクを使用する方法

透明マスクは、グラデーションでマスクをかけたい時にとても便利なので、今回はグラデーションで透明マスクを作成してみます。新規ドキュメントを作成したら、メニューバーのファイルから配置を選択して、マスクを適用させたい画像を配置します。今回はリスの画像を使用します。

スターツールで、星型のオブジェクトを配置しました。

配置したオブジェクトにグラデーションツールでグラデーションをかけました。わかりやすいように白黒ですが、黒の方は何色でも大丈夫です。

メニューバーのウィンドウをクリックして、透明の項目を選択します。透明パネルが表示されます。

466

リスの画像と星型のオブジェクト、両方を選択ツールで選択した状態で、「不透明マスクで形状の抜きを定義」にチェックを入れて、マスクを作成をクリックします。

470

このようにマスクが作成されました。黒になるほど不透明度が下がっていって見えるのがわかると思います。

マスクを反転にチェックを入れると、不透明度が下がる方向が逆になります。