イラストレーターで曲線を描く方法

イラストレーターで描画される線はパスと呼ばれます。パスを作成することで、様々なオブジェクトなどを描画したり編集していきます。今回は、イラストレーターで曲線のパスを作成する方法をご紹介します。

イラストレーターで曲線を描く方法

イラストレーターを開いたら、新規ドキュメントを作成するか、曲線を描きたい画像などを開いてください。

456

鉛筆ツールで曲線を描画する方法

一番簡単で自由な方法が、鉛筆ツールで曲線を描画する方法です。ツールバーから鉛筆ツールを選択してください。

472

後は、ドラッグするだけで自由に曲線を書くことができます。ただ、マウスでドラッグしても画像のように歪んだ曲線しか書けないですよね。

ツールバーからスムーズツールを選択します。

474

描画した線の周りをドラッグすると、このように綺麗な曲線に修正してくれます。何回か場所や向きを変えてドラッグを繰り返すことでより綺麗になります。

円弧ツールを利用して曲線を描く方法

2つ目が、円弧ツールを利用する方法です。正確な円弧を描くことができます。こちらは先ほどのように、ぐにゃぐにゃさせたりはできないので、状況に合わせて好きな方を利用してください。ツールバーから円弧ツールを選択します。

476

後は、ドラッグするだけで好きなサイズの円弧を描画できます。

また、ドラッグではなくクリックだけすると、このような画面が表示されるので値を入力して指定した形状の円弧を描画させることもできます。

478

他にもペンツールでハンドルを利用したりする方法があります。今回は簡単な2種類の曲線の書き方をご紹介しました。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square