イラストレーターで色んな線を描く方法

イラストレーターで描画する線はパスと呼ばれます。パスを利用して、いろんなオブジェクトを作成したりドキュメントを作成していきます。今回は、イラストレーターで欠かせないパスを作成するための様々な線の作成方法をご紹介します。

イラストレーターで色んな線を描く方法

線を作成するためのツールもいろいろありますが、今回はペンツールを使用した色々な線の作成方法をご紹介します。イラストレーターを立ち上げたら、新規ドキュメントを作成します。次に、ツールバーからペンツールを選択します。

479

ペンツールはクリックした箇所にアンカーポイントが作成され、再びクリックして2個目のアンカーポイントを作成すると、アンカーポイントとアンカーポイントが線で繋がれます。これを繰り返して色々な形のパスを作成していきます。クリックした位置が丸で囲んであります。

例えば、このようにクリックしてアンカーポイントを作成すれば、ジグザグな線を作成することができます。

直線だけでなく、曲線も作成することができます。2個目のアンカーポイントを作成するときに、クリックを離さずドラッグすると、矢印のようなハンドルと言われるバーが出現します。このハンドルを操作することで、アンカーポイントとアンカーポイントの間の線を好きな曲線にすることができます。

482

アンカーポイントを作成する数やハンドルの使い処は自由なので、こんな風に直線の後に曲線にしたりもできます。

483

また、Shiftキーを押しながら線を作成すると、水平・垂直・斜め45度の線を作成することが出来ます。


イベント