iPhoneでおすすめなバックアップアプリ7選

容量が余っていたとしても、万が一iPhoneに何かがありデータが全て消えてしまう可能性もあるため、バックアップは取っておいたほうが安心ですよね。

写真や音楽、動画や連絡先が全て消えてしまうことも考えられます。

バックアップのやり方が難しくてわからないという方は、iPhoneのアプリに全て任せてしまいましょう。今回はバックアップアプリの中でおすすめ出来る7つのアプリをご紹介します。

おすすめバックアップアプリ7選

Google ドライブ - Google の無料オンライン ストレージ

1

『Googleドライブ』は、アカウントさえ作ってしまえば無料で使うことが出来るオンラインストレージです。PDFや写真、ドキュメントなど、多くのデータをアップロードすることが出来ます。

ファイルは他のユーザーと共有することも出来るので、ビジネスシーンでも大活躍です。

JSバックアップ

2

バックアップ先をかんたんデータ移行、Dropbox、Google Driveなどに指定することが出来るバックアップアプリです。使いやすいため、初めての方でも簡単に使いこなすことができます。

連絡先、カレンダー、写真など様々なデータのバックアップにおすすめです。

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit Free

3

連絡先のバックアップに特化したアプリです。ワンタップで、連絡先をExcelに変換。GmailやOutlookに送ることが出来ます。

Excelに変換した後は編集も可能ですし、その状態でインポートすることが出来ます。

Yahoo!かんたんバックアップ

4

とにかく操作が簡単なのが『Yahoo!かんたんバックアップ』です。連絡先、写真、動画などの大切なデータを失いたくないですよね。

難しい操作が一切ないのがこのアプリの優秀な点です。まずは一度ダウンロードしてみましょう。

Dropbox

5

写真や音楽、動画などのバックアップをとることができるアプリです。他ユーザーに共有することも出来るので、ただバックアップをとるだけではなく、他のデバイスからアクセスしたい時に最適なアプリです。

データお預かり

6

auをお使いの方はこちらのアプリがおすすめです。連絡先・写真、動画・カレンダー情報をauスマートパスのサーバーにバックアップを取ることが出来ます。

使い方は簡単ですが、動画の預かり容量が300MB以下と限られているので注意が必要です。

KeepSafe プライベートな写真の保管場所 - 写真を隠し、動画をロック | パスワードによる秘密のアルバム 守る 保存 他人 見られない 自分だけ 写真を同期する 写真をバックアップする

7

通常のバックアップアプリとしても使えるのですが、ちょっと内緒にしておきたい写真などをkeepsafeに預けておくと、暗証番号を入力しないと見れないようになっています。

iPhoneのカメラロールには残さず、プライベートの写真はkeepsafeに移しておくのはいかがでしょう。

まとめ

今回紹介した7つのアプリはどのアプリも一切難しい操作を行う必要がありません。アプリをダウンロードし、今あるデータのバックアップをとることをおすすめします。