JavaScriptで配列の要素を連結して文字列にする:join()

JavaScriptで配列の各要素を文字列に変換するには、arrayオブジェクトの持つjoin()メソッドを使います。

join()メソッドの基本的な使い方

array.join("区切り文字");
join()メソッドは、配列の全要素を連結した文字列を返します。各要素は全て文字列に変換され、引数として要素を連結する区切り文字を指定することができます。 区切り文字を省略した場合は、カンマ(,)として見なされ、区切り文字に空文字を指定した場合、各要素は区切り文字なしで連結されます。

サンプル

次の例を見てみましょう。
var arr = ["太郎",  "二郎", "三郎", "花子"];

//引数を省略
var str1 = arr.join();
alert(str1); //'太郎,二郎,三郎,花子'

//区切り文字は"と"
var str2 = arr.join("と");
alert(str3); //'太郎と二郎と三郎と花子'

//区切り文字は空文字列
var str3 = arr.join("");
alert(str3); //'太郎二郎三郎花子'
なお、配列の要素がnullあるいはundefinedの場合、空文字として扱われます。

要素が配列・オブジェクトであった場合

多重配列だった場合、ネストされた配列の要素も文字列に変換されます。
var arr = [["田中"], "太郎",  "二郎", "三郎", "花子"];

var str4 = arr.join();
alert(str4); //田中,太郎,二郎,三郎,花子
また、配列の中身がオブジェクトであった場合は、[object Object]に変換されます。
var arr = [{"name":"田中"}, "太郎",  "二郎", "三郎", "花子"];

var str5 = arr.join();
alert(str5); //[object Object],太郎,二郎,三郎,花子