Photoshopの文字を縁取りする方法

Photoshopで頻繁に利用する機能の1つに、テキストの配置があります。Photoshopでは様々な加工を加えて、配置した文字をカスタマイズすることができます。その中でも使い勝手が良く覚えておくと便利な、テキストの縁取りをつける方法を今回はご紹介します。

Photoshopの文字を縁取りする方法

Photoshopを開いて、新規ファイルを作成しました。

screenshot-56

文字を作成する

ツールバーから文字ツールを選択します。好きなツールで入力してください。

517

今回は、文字ツールで画像のように入力しました。

テキストに縁取り効果をつける

レイヤーパネルからテキストを入力したテキストレーヤーを見つけて、ダブルクリックしてください。

521

レイヤースタイルのパネルが表示されるので、境界線の項目をクリックしてチェックを入れてください。

527

このように文字に縁取りが追加されました。右側のプレビューにチェックを入れていると、リアルタイムでレイヤースタイルの変更を確認できます。

528

また、真ん中の項目から縁取りのサイズや色、位置などを変更できます。

534

色を黄色にして、縁を太くしてみました。

また、縁取りの位置を真ん中・外側・内側から変更できます。デフォルトでは外側になっていて、元のテキストは隠れないようになっています。画像は真ん中にしてみたものです。

文字の縁にグラデーション効果を適用する

また、縁取りの塗りつぶしタイプを、色以外にグラデーションやパターンに変更することもできます。

532

まとめ

Photoshopで文字を縁取りする方法を紹介してきました。このように、縁取りだけでも色々なカスタマイズが可能なので、文字の加工方法を試してそれぞれの効果を把握しておくとよいでしょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square