iPhoneでおすすめなランチャーアプリ7選

iPhoneでアプリを起動させるとき、皆さんはどのように起動させていますか?

アイコンをタップして起動させている方がほとんだと思います。アプリの起動方法にはアイコンから起動させる方法以外のものもあります。「ランチャーアプリ」を使うと、iPhoneのホーム画面をすっきりすることが出来ます。

Androidに比べてカスタマイズが難しいと言われているiPhoneですが、おすすめランチャーアプリを7つご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめランチャーアプリ7選

Launcher - 通知センターウィジェット搭載ランチャー

1

ランチャーにはいくつかの種類がありますが、こちらのアプリは通知欄に表示することが出来るタイプです。アプリだけではなく、よく電話をかける相手へのショートカットやメッセージのショートカットなどを作ることも出来ます。

GestLaunch 2

2

このランチャーアプリは、ジェスチャーでアプリを呼び出すことが出来るランチャーアプリです。数種類のわかりやすいジェスチャーで本当に呼び出したいものだけ登録しておくと良いでしょう。

あまり多くのジェスチャーを登録すると認識が難しくなってしまうようなので、ジェスチャーの登録数には注意が必要です。

Launch+ : Launcher and Notification Center Reminder

3ホーム画面のアプリアイコンが多くて、探すのが大変だという方におすすめしたいアプリです。このアプリ内にまとめることが出来ます。

リマインダーを使ってやらなくてはならないことを通知してくれるというシステムが便利です。会社にメールをしたり、データのアップロード時間などをリマインダーを使って通知すると良いでしょう。

Launch Center Pro - Shortcut launcher and Today widget

4

ランチャーアプリ内のショートカットを並べるのも良し、通知センターで並べるのも良し。綺麗に整頓することが好きな人におすすめです。

Speed U

5

ランチャーアプリは、開くと少し重いというものが多いのですがその中でもっともスピードが速いと言われているのがこちらのアプリです。

メールや電話、アプリなどカテゴリ別によく使うものを登録しておくと良いでしょう。

Music Launcher – ミュージックランチャー

6

ランチャーアプリの中で、音楽に特化したアプリがこちら。プレイリストや個別の曲でも、いつでも聞きたい音楽を通知センターに表示しておくことが出来ます。

ミュージックアプリから探すのはなかなか面倒だったものが、ワンタップで聴けるようになります。

KeywordBox 検索ランチャー+ブラウザ

7

検索したいキーワードをどのアプリで探すかというのをランチャー内で出来るのがこちらのアプリです。例えばiPhone6sの値段のチェックを複数のアプリやサイトで行いたい時に同時に起動して切り替えることが出来ます。

よく使うキーワードは保存しておけばいつでも簡単に呼び出すことが出来ます。

まとめ

ランチャーアプリは、アプリが増えすぎてホーム画面を綺麗に整理整頓したいという方にはもってこいのアプリです。

種類も様々ありますが、多いのが通知センターからの起動ですね。iPhoneの特性を生かしたランチャーアプリ、検討してみてください。