Photoshopの図形で枠線を設定する方法

Photoshopには様々な機能があります。図形を作成するツールもいくつかあり、Photoshopでは簡単に図形を作成することができます。今回は、作成した図形に枠線を設定する方法をご紹介します。

Photoshopの図形で枠線を設定する方法

図形の作成方法もいくつかあるため枠線を設定する方法も幾つかありますが、今回はシェイプツールでの枠線を設定する方法をご紹介します。

シェイプツールの枠線を設定する

まず、好きなツールを使って図形を描画してください。今回は、カスタムシェイプツールを使いますが、長方形ツール・角丸長方形ツール・楕円形ツール・多角形ツール・ラインツールでも同様の手順で枠線を設定できます。

詳しいシェイプツールの使い方については、以下の記事を参考にしてください。

562

ドラッグして図形を描画します。今回は矢印を描画してみました。

オプションバーに塗りとストロークの項目があるので、塗りを無しにしてストロークを枠線に設定したい色に指定してください。

564

このように、図形に枠線を設定することができました。塗りとストロークが違う色であれば何色でも枠線が見えるようになります。

ストロークの後ろの値は、枠線の太さを指定することができます。値を入力してもいいですし、クリックすると表示されるスライダーを動かしても太さを変更できます。

また、その後ろの線の項目をクリックすると、線の種類を変更できます。このような枠線を設定することもできます。

ストロークのオプションで、枠線の位置なども指定することができます。

568